« やさと茅葺きサイクリング 24日に変更します | トップページ | CONTENTS »

2012年11月24日 (土)

やさと茅葺きサイクリング 走りました

雨のため11月24日に順延となったサイクリング

常磐線高浜駅で自転車を組み立てたみなさんは、まず恋瀬川自転車道で常陸風土記の丘をめざします。

あいにくの曇り空でしたが筑波山はくっきり見えました。

Ca393774

常陸風土記の丘で自家用車で来たみなさんと合流。正門を入った目の前にある蕎麦処は

お隣の小美玉市から移築した曲屋です。

ちなみに茨城県内には筑波山周辺に直屋、県北に曲屋。県央には2棟が並ぶ分棟型の家屋が見られます。

参照 http://yasatokayabuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-ed29.html

R0012762

常陸風土記の丘には、縄文時代から江戸時代までの家屋の移り変わりを

復元で展示したエリアがあります。屋根は茅葺きがほとんどなのでメンテナンスが大変。

というわけで、現在、廣山氏を師匠に、若手職員2人が茅葺き職人修行中。

葺き替え作業を終えたばかりの会津民家では、

後片付けをしていた修行半年の岡野さんから話を聞きました。

「屋根から下ろした古茅は、元を切り揃えて再利用するんですよ」

Img_5040

南面に加えて、ぐしと呼ばれる棟部分、てっぺんの煙出しまで葺き替えたばかりの屋根。

Img_5047

風土記の丘の奥の広場には日本一の獅子頭があります。

毎年9月に開かれる「いしおかのお祭り」は関東三大祭りのひとつ。石岡市街地のメインイベントです。

獅子頭から広場を眺めると……

Pb240052

鬼越峠を越えて、ふれあい農道を走ります。前方に筑波山。

朝日トンネルの開通で交通量が少し増えたとはいえ、まだまだクルマは少ないです。

Img_5056

県立フラワーパークの隣にある私有の茅場(山の左半分竹林のすぐ下です)を眺めた後、あぜ道を進みます。

Img_5057_2 

上青柳地区では、ケヤキの屋敷林に守られた木﨑眞家を訪ねます。

Ca393780

当主より当保存会会長としてご挨拶。

木﨑眞家 http://yasatokayabuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-794e.html

Img_5070

同じ上青柳集落には、茅葺きの母屋のほか虚空蔵堂を持つ屋敷もあります。

Img_5084

筑波山をバックに茅葺きの屋敷を眺める撮影スポットにて

Img_5087

上青柳地区をあとに、小さな峠を上ります。ママチャリで参加いただいたご夫婦も、ぐいぐいと健脚でした。

Img_5089

上曽集落へ。モチノキの高垣(いぐね)に守られた三輪家。母屋・書院・長屋門が茅葺きです。

Img_5091

綿引家は2階建て。

Img_5096

もとは街道沿いの旅籠でした。

Img_5099

お昼もすぎてお腹がすいたところで、ようやく柿岡へ。商店街に入る手前の丸味食堂。

Img_1994

しゃもなべ。食べるほうに気をとられ、鍋の写真を撮るのを忘れました。

Pb240115

午後からは浦須の佐久良東雄生家へ。勤王の志士で歌人ゆかりの屋敷として国の史跡に指定されています。

茅葺きの母屋と長屋門を持ち、現在もご子孫が住み継いでいます。

Img_5103

佐久の大場家で記念撮影。参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

Img_5109

その後、室町時代から千年杉といわれていた佐久の大杉に寄ったのち、

岩間駅・風土記の丘へと帰路につきました。

Img_5119

写真は一部、今回参加したチーム東葛のみなさんからご提供いただきました。

ありがとうございます。

« やさと茅葺きサイクリング 24日に変更します | トップページ | CONTENTS »

活動報告」カテゴリの記事

コメント

新田さん、石塚さん
昨日はありがとうございました。
茅葺はもちろんのこと里山の風景も堪能いたしました。
やさとには四季折々自転車で訪ねたいと思います。
ブロガーが沢山、参加していたのにしゃも鍋の写真を誰もとっていないとは...
写真を撮ることも忘れさせるほど美味しそうに見えたのかな。
もちろん見た目通り、とても美味しかったです。

新田さん、石塚さん

先日はお世話になりました!すっごく楽しい一日になりました。

やさとって、すごくいいところですね~

稲穂が垂れる頃のやさとや、水がはられた頃のやさとも見てみたいです!

愛宕山企画も楽しみにしてます!坂は苦手なんですが(笑)

是非、東葛地域にもあそびに来てくださいね。

また、よろしくおねがいします。


新田さん、石塚さん
土曜日は、御世話になりました。
茅葺屋根は、大変懐かしい風景でした。
父親の実家(福島県の中通りにあるとある山村)も茅葺でした。
当時の集落のほとんどが茅葺でした。
現在は、すべて瓦屋根に変わっています。

久しぶりに思い出しました。

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やさと茅葺きサイクリング 24日に変更します | トップページ | CONTENTS »