« サイクリンググループの案内しました | トップページ | やさと茅葺きサイクリング コース試走しました »

2012年10月27日 (土)

福島県南会津町 研修視察

南会津町舘岩地区には茅葺きの里として知られる二つの集落があります。

地域のみなさんには、今年5月にやさとを訪ねていただきました。

その縁もあって、紅葉盛りの10月27日、今度は私たち保存会が舘岩地区を訪ねました。

Img_4916

前沢地区は曲家集落として国の伝統建造物保存地区に昨年指定されました。

たかつえスキー場から約10kmの雪深いところ。曲家の形態は雪かきの距離を少しでも減らそうと

土間を道路に近づけるための工夫なのだそうです。この地区に14棟もの茅葺き民家が残っているのは、

昭和60年に環境美か条例を制定して保存に乗り出したため。大学の先生から歴史文化遺産として価値が

高いと評価され、町と地域の人々とが協力して守ってきました。ちなみに現在14棟のうち12棟が一般の住宅です。

Img_4950

伝統建造物保存地区となったいま、屋根の補修費の2/3は国からの補助でまかなっています。

それ以前は町が毎年400万円ほどの予算をとり、年に2軒ずつ計画的に補助していたと伺って

「さすが観光に力を入れている町は違うな」と、私たち保存会一同、感心した次第です。

また、国からの補助を受けていながら地元職人による見積もり、段取りを継承して

適正なコストで修繕を続けている点は、これまで地元行政が実績をつくってきたからこそ可能なのでしょう。

地区としては今後は生活環境を守りながら、一方では活性化をはかっていきたいと模索していきたいとのこと。

集落の入り口で300円の入場券を販売するほか、

茅葺き民家のひとつを活用した前沢交流館では集落内で穫れた野菜の直売などを行っていました。

Img_4930

お話しを伺った前沢区長で前沢景観保存会会長の小勝周一さん。

Img_4936_3

この日はちょうど新そば祭り。集落の入り口にある「そば処曲家」で挽きたて打ちたての新そばをいただきました。

Img_4919

参加したメンバーで記念写真。

Img_4924

その後、舘岩地区に残るもうひとつの茅葺き集落、水引地区に向かいます。

Img_4982

集落の奥の茅場では、近隣と都会からのボランティアを集めた茅刈りツアーが行われていました。

水引集落は自由に改築できなくなるなどの理由で行政のバックアップを受けない選択をしたそうです。

そうしたなか、茅刈ツアーは水引集落の茅葺き屋根を毎年2軒ずつ差し茅して補修していこうと、

愛知産業大学特任教授の藤木良明氏の呼びかけではじまったもの。

差し茅は一軒あたり10だんの茅を用意し、8~10人の職人手間をかけるプランで進められています。

集落は藤木氏の支援も借りつつ、これまでどおり自分たちでできる範囲の補修で屋根を維持してきたわけです。

鎌を使って手刈りし、もとを揃えたうえ直径30cmほどに束ねてワラで縛ります。

Img_4978

小束を6把束ねて1ボッチ。1ボッチ×6束で「1だん」と数えるそうです。

1ボッチの大きさは、だいたい私たちが一尋(約1.8m)の縄で縛る1束と同じくらいなので、

×6束の「1だん(1駄)」も同じくらいの分量になります。

私たちは機械刈りで手早く家に持ち帰り、それから小まるきしますが、

会津では手刈りしてもとを揃え、その場で小まるきしてしまう感じ。

ちなみにこの方法だと慣れた人で1日2だん 刈るそうです。

Img_4977

私たちは機械を使って慣れた人なら1日5~6駄刈ります。この量を小まるきして切りそろえるのにもう1日。

手刈りと機械刈りとで、仕事の効率の差は 意外と少ないのかもしれません。

水引集落にある民宿「離騒館」。

http://www.kanko-aizu.com/03/detail-0-0-48.html

裏側が傷んでいるため、これから差し茅すると、千葉から嫁に来たという奥さんに伺いました。

登山が縁でこの集落に来たのち、この民家を残そうと民宿を始めたそうですが、

Img_4986_2 Img_4989_3   

「やさとの茅葺きでさえ維持が大変なのに、雪国で茅葺きに住む苦労は並大抵ではないでしょう」と、

心から共感する私たちなのでした。

Img_4943

当保存会でもボランティアを集めて茅刈りを行うなど、水引に似た取り組みを行っています。

しかし、屋根を維持するもろもろの作業を習慣としてきた世代から、手のかからない現代的な生活に親しんだ

次の世代に交代するなかで、これまでどおり各戸で茅葺きを残すのは難しいのが現実です。

地域の資源として残すのなら、行政の資金面でもバックアップも必要だと思います。

前沢と水引、ふたつの先進事例を持つ舘岩地区を訪れて、いろいろと考えさせられた研修視察でした。

 

« サイクリンググループの案内しました | トップページ | やさと茅葺きサイクリング コース試走しました »

活動報告」カテゴリの記事