« やさと茅葺き自転車散歩 パート1 | トップページ | 常陸風土記の丘で茅葺き職人の後継者を募集中 »

2012年3月14日 (水)

やさとの茅葺き民家を訪ねて/大場家住宅(国登録有形文化財)

当ブログ右上のイメージ写真でも紹介している大場家住宅。

筑波流の細工が見事な、やさとを代表する茅葺き民家の一つです。

201059urayama002w
間口8間、奥行4.5間、田の字に4つの座敷を持つ主屋は江戸末期に建てられたもの。
平成17年に国登録有形文化財になっています。

 家主の大場克巳さんは、観光ぶどう園を営んでいます。庭と周囲の果樹園は約3ha。高校卒業後、ぶどうの先進地である山梨県の勝沼で研修し、やさとに戻ってぶどう作りを始めて50年になるそうです。
 早くから顔の見える農業を心がけ、引き売りから、やがて観光果樹園をスタート。
主屋の土間でお客さんを接待していることもあって、屋根と庭には愛着を持って手入れを続けてきました。
「屋根を維持するのは大変だけど、『いいですね』『なつかしい』と喜んでくれるお客さんに励まされてます」
 と言います。
 屋根は名人とされた地区内の職人が長年補修していましたが、10数年前に亡くなり、
現在は同じく筑波流を受け継ぐ近隣の職人のほか、若手後継者も数年に一度の手入れにあたっています。
 筑波流の技に惚れ込んでいると語る大場さんは、棟や軒下の装飾などに「最高の仕上げ」を求めます。職人がそれに答えて、美しい屋根が保たれているのです。

 とはいえ、生活スタイルが変化しただけでなく、高齢化で職人も減るなか、次世代に茅葺き屋根を残していくのは簡単ではないと大場さん。
「これからは何か活用の方法を考えなければ」
 それが同時に、やさと地区の活性化にもつながったらと、大場さんは見学会や体験など、茅葺き民家を活用したイベントにも、積極的に協力しています。

Obaproph

大場克巳さん。ぶどう園は8月~10月開園。

雨よけを設置して農薬を抑え、おいしいぶどうを作っています

Obabunkazai

庭の石にはめ込まれた「登録有形文化財」のプレート

Obagushi

棟にはシュロを使った「ちょんまげ」が飾り付けられています。「大名ぐし」と呼ばれる形です

Obakemudashi

「煙出し」の「はかま板」には「水」の文字が描かれ、その下に杉の葉と竹を使った装飾が付けられています

Obakiritome

棟の妻部分には「キリトメ」と呼ばれる装飾が施されます。

大場家のキリトメは、差し込んだ竹の小口に色を付けて松竹梅を描いたもの

Obakeiwasakikiritome

大場家の入り口わきには、名人といわれた職人、故・岩崎氏によるキリトメの写真が掛けられています。竹の小口で絵をつくる技法は岩崎氏のオリジナルでした

Obatoshimono

軒付けには3本の「トオシモノ」が施されています。いちばん外側の「ミズキリ」の内側に杉皮が挟まれ、その内側にはシノ竹が並べて差し込んであります。この装飾を施すことを「『くだ』をとおす」と言います。化粧のため、「くだ」の小口はペンキで白く塗られています

Obakuda

角の軒付けに並べられた「くだ」

Obairori

土間にはいろりがつくられ、ときおり火が入れられます。

頭上の梁は、年末ごとに脚立を立てて大場さんの手で磨かれてきました

Obashorhokan1

大場さんは農村の暮らしを伝えたいと、蔵を私設の資料館にしています。かつて近隣で使われていた道具を集めました

Obashirhokan2

ワラ縄を編む機械。茅葺き屋根には大量のワラ縄を使うので、また再び動かしてみたい気がします

Obasirhokan3

糸車や背負子、くるり棒など、昭和20~30年代まで使われていました

Obashirhokan4

茅葺き職人の廣山さんより寄贈された半纏。昔は棟上げすると当家から職人衆に配られました

Osugi

「佐久の大杉」は大場家から徒歩5分。幹まわり約9m、東日本を代表する巨杉で、樹齢約1300年と推定。県指定天然記念物。

大場さんは地区のシンボルである大杉の保存にも熱心にあたってきました

« やさと茅葺き自転車散歩 パート1 | トップページ | 常陸風土記の丘で茅葺き職人の後継者を募集中 »

やさとの茅葺き民家」カテゴリの記事