« 2月19日のハイキング 参加申込延長受付中! | トップページ | やさと写真展 開催中 »

2011年3月 5日 (土)

第3回 やさと茅葺きハイキング

里の風景にとけ込むように佇む、やさと地区の茅葺き民家。

点在する民家を、まわりの景色を楽しみながら、見て歩く

ハイキングは、この冬3回行いました。3回目は2月19日(土)。

県立フラワーパークから上青柳地区へと歩きました。

筑波山の麓に抱かれた里は、5月~7月には蛍が舞い

日本のさと100選に選ばれるきっかけにもなった静かな場所です。

3軒の民家をめぐる1周約7kmのコース。

お天気にも恵まれて、なごやかなハイキングとなりました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

Haiking31

まずは1700年前後の築と推定される高橋家へ。

やさとに残る民家のなかではもっとも古い建物のひとつで、

軒の低い屋根が特徴。江戸時代も後期の建物では

軒がもっと高くなります。式台玄関を持つ格式の高い家。

Haiking32

筑波山に向かって歩きます。やさと見た筑波山は

きれいな三角形です。

Haiking33

門も見事な木崎眞家。

Haiking34

屋根の特徴を説明する家主は当保存会の会長です。

Haiking35

正面の母屋。このほか左手の書院が茅葺きです。

Haiking36

庭の奥では地元の茅手(職人)の鈴木さんが

葺き替え準備の茅ごしらえをしていました。

Haiking37

3軒めは木崎清彦家です。おばあちゃんを中心に屋根のメンテナンスを行い、

自分たちで茅ごしらえをするため、補修は毎年少しずつ。

8年かけてぐるりと1周する予定だと、若い清彦さんが説明してくれました。

Haiking38

庭の一角には虚空蔵さまをおまつりする

茅葺きのお堂があります。

« 2月19日のハイキング 参加申込延長受付中! | トップページ | やさと写真展 開催中 »

活動報告」カテゴリの記事