2016年12月13日 (火)

ありがとうございます! 高エネ研の茅刈り 完了しました!

2016年度の高エネルギー研究所での茅刈りは

12月10・11・12日の3日間、延べ117人の皆さんにご協力いただき、

お天気にも恵まれて、必要な茅を刈り終えました。

ありがとうございました!

12月16・17・18日に予定していた後半の茅刈り作業は中止となります。

お申し込みいただいていた方には大変申し訳ありません。

なお、12月18日(日)には、石岡市内の県立フラワーパーク近くにある茅場で

刈り取り作業を行います。ご協力いただける方は

こちらにご参加いただけると助かります。

2016年11月26日 (土)

2016年 茅刈りボランティアご協力のお願い

毎年恒例となっている茅刈りは、おかげさまをもちまして今年13回目を迎えます。日程はつぎのとおりとなりました。刈り取った茅(ススキ)は筑波山周辺や茨城県内の民家屋根の補修に用います。刈り集め作業のお手伝いボランティアに、今年もぜひご協力ください。足場のいい場所での作業には、どなたでも参加できます。今年も多くの方々のご参加、よろしくお願いいたします。

Photo_2

●日程 12月10日(土)・11日(日)・12日(月)

        16日(金)・17日(土)・18日(日)=前半3日で終わらなかった場合の予備日

●場所 高エネルギー加速器研究機構敷地内(つくば市大穂)

●集合 高エネ研正門入り口:午前9時

●昼食、茶菓子、軍手はこちらで用意します。
 作業着(長袖長ズボン)、帽子、腕カバー 、鎌(持っている方)などは各自ご用意ください。

●参加費 無料 参加される方は事前にお申し込みください。

           申込締切 前半3日 12月8日(木)

                  後半3日 12月14日(水)

           保存会負担で傷害保険に加入いたします。

★参加申し込みは   こちら    ご記入のうえ、ご送信ください。

※バスご利用の場合 つくばエクスプレス つくば駅より つくば市コミュニティバス
          「つくバス北部シャトル」で「KEK高エネルギー加速器研究機構」下車

※雨天時の日程変更は当日午前6時30分までに 当ブログにアップいたします

※後半3日間の開催の有無については、12月13日以降に当ブログにてお知らせします。
                                       
              

2016年1月 1日 (金)

CONTENTS

やさとのみどころ
・常陸風土記の丘 11.2.12
・にほんの里100選 11.2.12
・アートサイト八郷2012 小さな・大きな 12.2.13
・里の風情を感じる上青柳散策 12.2.28
・小幡は筑波山・風返峠に向かう街道の宿場 12.2.28
・大増の生き垣(いきぐね) 12.2.29

・やさと茅葺き自転車散歩 パート1 12.3.5

Kizakike9

やさとの茅葺き民家
・やさと周辺の茅葺き民家  11.2.12
・茅葺き屋根の そば店 11.2.12
・生垣=いきぐね 12.1.29
・やさとの旧家を代表する屋敷構え/上青柳・木﨑眞家 12.2.27
・上曽/銚子街道の峠越えに備えた宿場 12.2.28

・やさとの茅葺き民家を訪ねて/大場家住宅 12.3.14

Kizakike7

事務局だより
・「やさとの茅葺き民家」冊子 11.3.6
・岩手県洋野町よりご来訪いただきました 12.1.22
・NHK「小さな旅」で、やさとを紹介予定 12.1.29
・琵琶湖周辺の葦刈り取材 12.2.13
・関東の茅葺き王国・茨城の不思議/塙家住宅 12.3.2

・常陸風土記の丘で茅葺き職人の後継者を募集中 12.4.3

・ふるさと文化財の森システム推進事業 12.10.1
・高エネルギー加速器研究機構の茅生育状況視察 12.10.9
・サイクリンググループの案内しました 12.10.25
・廣山美佐雄さんが国の卓越した技能者表彰を受賞 12.11.9
・はつらつ100人委員会の茅葺き散歩を案内しました 12.11.13

_mg_2488_4   

保存会の紹介
・やさと茅葺き屋根保存会 10.10.10
・会員募集 11.2.12

Kayakari1

活動報告
・第1回やさと茅葺きハイキング 11.2.12
・筑波山麓茅刈り隊 11.2.12
・第3回 やさと茅葺きハイキング 11.3.5
・小まるき講習 11.3.6
・千葉方面 研修視察に行きました 12.1.22
・筑波山麓茅刈り隊、ご協力ありがとうございました 12.1.22
・茅葺き民家を描く会 12.1.22
・1月28日に茅葺き体験を行いました 12.1.29
・体験で葺いた東屋が完成しました 12.1.30
・「里の風景を受け継ぎ生かす」シンポジウムに100人が参加 12.2.25
・文化的景観を活かして、地域が元気になろう! 12.2.25
・屋敷の構えから生活文化を知る 12.2.26

・第1回「八豊祭=やっほうまつり」雨にも負けず盛況でした 12.9.23
・つくば市六所で茅葺き体験を行いました 12.10.14
・福島県南会津町 研修視察 12.10.27
・やさと茅葺きサイクリング 走りました 12.11.24

Watahikike5

筑波流茅葺きの技
・筑波流茅手 11.2.12
・トオシモノ 11.2.12
・竹のぐし 12.1.29
・小まるき 12.1.30

・差し茅 12.10.10

・パンフレット/筑波山麓の茅葺き民家と茅場

茅葺き屋根Q&A
・石岡市周辺の茅葺き屋根について 11.2.12
・茅葺き屋根の基礎知識 11.2.12
・茅と茅場 11.3.6
・茅葺き屋根の維持保存について 11.3.6
・軽トラ1台分の茅で葺き替えられる面積は? 12.1.22

Takesumaki

行事予定
・つくば山麓茅刈り隊 10.10.11
・2月19日のハイキング 参加申込延長受付中 11.2.12
・やさと写真展 開催中 11.3.5
・筑波山麓茅刈り隊 ボランティア募集 11.11.5
・ミニチュア茅葺き民家展 12.1.22
・茅葺き体験 参加申し込み受付中! 12.1.22
・シンポジウム「里の風景を受け継ぎ生かす」 12.1.22
・やさとの茅葺き民家を描く会 作品展示しています 12.2.13

・鉾田二高写真部 やさとの茅葺き屋根写真展のお知らせ 12.8.26
・やさと茅葺きサイクリング 参加者募集! 12.10.19
・やさと茅葺きサイクリングコース試走しました 12.11.7
・筑波山麓茅刈り隊 ボランティア募集! 13.11.25

Taiken2

見学について
・見学会にご参加ください 11.2.12
・メディアのみなさんへ 取材・撮影などについて 11.2.12
・やさと茅葺きハイキング 11.2.12

2013年5月18日 (土)

中高生による茅葺き絵画&写真展 イーアスつくばにて開催中

つくばエクスプレス「研究学園駅」近くにある人気商業施設

イーアスつくば にて

中高生による「やさと茅葺を絵画&写真展」を開催しています。               
                                       
展示期間 平成25年5月18日(土)~5月26日(日)
展示場所 「イーアスつくば」 2階中央通路

Img_0574

絵画は昨年12月の写生会で、やさとの中学生が描きました。

Img_0585

写真は鉾田第二高校写真部が、やさとに通って撮りためたもの。

Cimg036901

展示に先だって高校生のみなさん&顧問の先生が夜遅くまで準備してくれました。

ありがとうございます。

イーアスつくば つくば市研究学園C50街区1 TEL:029-828-8000

お近くの方は、お買い物もかねて、ぜひお立ち寄りください。

2013年3月14日 (木)

平成24年度ふる森普及啓発事業お礼

昨年9月より、文化庁からの受託事業として進めてきた

平成24年度ふるさと文化財の森システム推進事業普及啓発事業

「筑波山麓の茅葺き民家と茅場の維持保全をはかるための普及啓発事業」は

3月13日をもって完了いたしました。

ご協力ありがとうございました。

事業の詳細については、報告書をご覧ください。

H24furumorihoukokucont

H24furumorihoukoku_Part1.pdf    目次、フォトレポート前半 

H24furumorihoukoku_Part2.pdf    フォトレポート後半、事業概要、八豊祭、茅葺き体験、茅刈り隊

H24furumorihoukoku_Part3A.pdf 絵画展、見学交流会 

H24furumorihoukoku_Part3B.pdf  茅場と茅刈りチラシ、観光ボランティアガイド研修

H24furumorihoukoku_Part4.pdf  自転車散歩、講演録 「やさとの農村景観 その価値と可能性」①

H24furumorihoukoku_Part5.pdf  講演録 「やさとの農村景観 その価値と可能性」②、新聞報道

H24furumorihoukoku_Part6.pdf  雑誌掲載

 

2013年2月23日 (土)

茅葺き見学会・交流会「やさとの農村風景の特徴と価値を見て歩く」

 やさと地区はは首都圏にありながら、なつかしい里の風情を残す場所として注目を集めています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれました。また、昨年当地区を訪れた文化庁の鈴木地平氏からは、やさとの風景を「文化的景観」として評価いただいています。

Img_0003

 今回は茅葺き民家を含めたやさとの農村景観を歩き、具体的にどのような風景に文化的価値が認められるのかを考えます。講師は「文化的景観」や「世界遺産」を専門とする筑波大学の黒田乃生先生。先生と一緒にやさとを歩き、先祖から綿々と引き継がれたやさとのすばらしさを、あらためて感じてください。

Skairike

日時    3月3日(日)午前10時〜午後2時30分

主催      やさと茅葺き屋根保存会

場所    朝日里山学校(見学会集合&交流会・講演会)、小桜地区(見学コース)

講師    黒田 乃生氏(筑波大学芸術系准教授 世界遺産専攻)

参加費   無料
      ※交流会に参加される方は参加費 1,000円
     (当日ご持参ください。平成24年12月の茅刈り参加者は交流会も無料です)

内容
     午前10時~12時     見学会
            小桜地区内を歩き、伝統的農村景観と、そのシンボルとしての
            茅葺き民家を訪ねて、文化的価値を探ります。

     12時~午後1時30分   交流会
            12月に高エネルギー加速器研究所で行われた茅刈り参加者を
             中心に、昼食と交流を楽しみます。

     午後1時30分~2時30分 講演会・質疑応答
             黒田乃生先生より、他地域での事例をもとに、
             やさとにおける農村景観の価値と、その生かし方の可能性に
             ついて、お話しいただきます。

申し込み 当日直接会場にお集まりください。
       交流会に参加希望の方は準備都合上、
       2月26日(火)までに申し込みをお願いします。

       交流会参加お申し込みはこちらです

 

2013年2月17日 (日)

やさと茅葺き自転車散歩 3月9日参加者募集

昨秋好評いただいた、やさとの茅葺き屋根を自転車でめぐる見学会。

今回は、茨城県の自転車利用をバックアップするNPO法人りんりんプロジェクトさんの企画に、

やさと茅葺き屋根保存会が協力して行います。

秋より少し距離を短くして、やさとを代表する4軒のかやぶき民家をつなぐコース。

ゆっくりとペダルを踏んで、里の春を見つけてみませんか。

Kayasanpo

昨年11月の茅葺きサイクリングのようす。木﨑眞家にて。

●主催  NPO法人りんりんプロジェクト、土浦スポーツ健康倶楽部
     つくばりんりんロード利活用推進会議(茨城県・土浦市・つくば市・桜川市)
●協力  やさと茅葺き屋根保存会
●日程  3月9日(土) ※雨天の場合は10日(日)に変更します
              (変更は「やさと茅葺き屋根保存会ブログ」に朝6時30分までに掲載)

●集合   石岡市八郷総合支所駐車場(石岡市柿岡) 午前9時15分
●コース 支所~恋瀬川サイクリングロード~ふるさと農道~上青柳(木﨑眞家)~
      上曽(綿引家)~柿岡(昼食)~佐久(大場家)~浦須(佐久良東雄生家)~支所

                                            トータル約28km
     

      ※詳しいコース地図はルートラボ      
      やさと茅葺き自転車散歩28kmコースをご覧ください。

●昼食  やさと名物「しゃもなべ」※交流会を兼ねて参加者同士の合い席となります。

●自転車 各自ご用意ください。走行スピードは時速12kmほど。上り坂も多少あるため

     変速付きをおすすめしますが、慣れた方ならママチャリでも走破可能です。
     ※レンタサイクル ライトウェイ社の小径車をご利用いただけます(先着5台)

●ガイド  伴走してコースと見どころを解説します。走行は各自の責任でお願いします。

●参加費 1,500円(昼食・保険・資料代) ※参加当日にご持参ください。

●申込締切 3月1日まで(先着20人)

●申込方法 こちらの 参加フォーム に必要事項を記入してエントリーください。

2012年12月16日 (日)

筑波山麓茅刈り隊/ご協力ありがとうございました

つくば市の高エネルギー加速器研究機構敷地内のススキを刈る筑波山麓茅刈り隊。

12月8~10日、14日、16日の5日間で延べ200人のボランティアのみなさんにご参加いただき、

340駄(2040束)の茅を刈り取り搬出しました。

15日が雨天のため中止となり、5日間の実施でしたが、作業が順調に進み

予定以上の茅を確保できました。ご協力ありがとうございました。

121216kayakari03  茅集めは一束一束の手作業です。

121216kayakari04

広い茅場に大勢の力を集めてススキを刈り集め

121216kayakari05 筑波山麓の茅葺き民家10軒ほどにトラックで運びました。

121216kayakari02 

最終日に参加いただいたみなさんの記念写真。ありがとうございました。

2012年12月15日 (土)

筑波山麓の茅葺き民家と茅場/パンフレットできました

茅葺き屋根の手入れに欠かせないのが材料の茅。

やさと周辺ではおもにススキが使われます。

当保存会では茅を中心に筑波山麓の茅葺き民家の営みを紹介するパンフレットをつくりました。

1

2

2012年11月24日 (土)

やさと茅葺きサイクリング 走りました

雨のため11月24日に順延となったサイクリング

常磐線高浜駅で自転車を組み立てたみなさんは、まず恋瀬川自転車道で常陸風土記の丘をめざします。

あいにくの曇り空でしたが筑波山はくっきり見えました。

Ca393774

常陸風土記の丘で自家用車で来たみなさんと合流。正門を入った目の前にある蕎麦処は

お隣の小美玉市から移築した曲屋です。

ちなみに茨城県内には筑波山周辺に直屋、県北に曲屋。県央には2棟が並ぶ分棟型の家屋が見られます。

参照 http://yasatokayabuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-ed29.html

R0012762

常陸風土記の丘には、縄文時代から江戸時代までの家屋の移り変わりを

復元で展示したエリアがあります。屋根は茅葺きがほとんどなのでメンテナンスが大変。

というわけで、現在、廣山氏を師匠に、若手職員2人が茅葺き職人修行中。

葺き替え作業を終えたばかりの会津民家では、

後片付けをしていた修行半年の岡野さんから話を聞きました。

「屋根から下ろした古茅は、元を切り揃えて再利用するんですよ」

Img_5040

南面に加えて、ぐしと呼ばれる棟部分、てっぺんの煙出しまで葺き替えたばかりの屋根。

Img_5047

風土記の丘の奥の広場には日本一の獅子頭があります。

毎年9月に開かれる「いしおかのお祭り」は関東三大祭りのひとつ。石岡市街地のメインイベントです。

獅子頭から広場を眺めると……

Pb240052

鬼越峠を越えて、ふれあい農道を走ります。前方に筑波山。

朝日トンネルの開通で交通量が少し増えたとはいえ、まだまだクルマは少ないです。

Img_5056

県立フラワーパークの隣にある私有の茅場(山の左半分竹林のすぐ下です)を眺めた後、あぜ道を進みます。

Img_5057_2 

上青柳地区では、ケヤキの屋敷林に守られた木﨑眞家を訪ねます。

Ca393780

当主より当保存会会長としてご挨拶。

木﨑眞家 http://yasatokayabuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-794e.html

Img_5070

同じ上青柳集落には、茅葺きの母屋のほか虚空蔵堂を持つ屋敷もあります。

Img_5084

筑波山をバックに茅葺きの屋敷を眺める撮影スポットにて

Img_5087

上青柳地区をあとに、小さな峠を上ります。ママチャリで参加いただいたご夫婦も、ぐいぐいと健脚でした。

Img_5089

上曽集落へ。モチノキの高垣(いぐね)に守られた三輪家。母屋・書院・長屋門が茅葺きです。

Img_5091

綿引家は2階建て。

Img_5096

もとは街道沿いの旅籠でした。

Img_5099

お昼もすぎてお腹がすいたところで、ようやく柿岡へ。商店街に入る手前の丸味食堂。

Img_1994

しゃもなべ。食べるほうに気をとられ、鍋の写真を撮るのを忘れました。

Pb240115

午後からは浦須の佐久良東雄生家へ。勤王の志士で歌人ゆかりの屋敷として国の史跡に指定されています。

茅葺きの母屋と長屋門を持ち、現在もご子孫が住み継いでいます。

Img_5103

佐久の大場家で記念撮影。参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

Img_5109

その後、室町時代から千年杉といわれていた佐久の大杉に寄ったのち、

岩間駅・風土記の丘へと帰路につきました。

Img_5119

写真は一部、今回参加したチーム東葛のみなさんからご提供いただきました。

ありがとうございます。

«やさと茅葺きサイクリング 24日に変更します